ブログ BLOG

ふくらはぎが第2の心臓と言われる理由!

こんばんは☆

みなさん!

ふくらはぎが第2の心臓と呼ばれていることはご存知ですよね?

なぜ第2の心臓と呼ばれているのかご存知ですか?

心臓は身体の上の方にあるので重力の関係で、下半身の方の血液を心臓の方まで上手く戻すことが出来ません。


よって下半身に溜まってしまった血液を心臓の方へ戻しているのがふくらはぎのポンプ作用なんです(^^)

実は、人間以外の動物には、ふくらはぎがないということを知っていましたか??

血液の70%は、下半身に集中しています☆


人間は二足歩行なので、下半身に血液が溜まりやすくなっています!

その血液を心臓の方へ戻すために、人間にはふくらはぎの筋肉で血液を心臓に戻す仕組みが生まれたのです(^^)


通常は、歩くなどの動作によって、ふくらはぎのポンプ作用が働いています☆

しかし、デスクワークや、運動不足による筋力の低下により、ふくらはぎのポンプ役割がしっかり機能しないケースが多いのです!

特に女性は、筋肉量が少ないので、男性よりも血液の循環が悪くなりがちです。


そこで、役に立つのがふくらはぎをマッサージすることなんです♫

なかなか、本格的なマッサージがめんどくさかったり、時間がないなど、


続けることは難しいですよね(^^)


そこで、普段何気なく捨てている、

【ラップの芯】

による、簡単かつ、短時間でできるマッサージをご紹介します♫

内側の筋肉、真ん中の筋肉、外側の筋肉をそれぞれ、くるぶし、アキレス腱から膝下までラップの芯を当てて滑らしていくだけです。

これだけなんです♫

これなら続けることが簡単ですよね(^^)

ふくらはぎのマッサージにより、代謝がよくなり、
冷え性だったり、ダイエット効果にも繋がるみたいですよ♫

いいことだらけです!!


是非皆様、テレビを見ているとき、寝る前などに、試して見てくださいね☆